実際のところオナ禁に効果やメリットはあるのか?ないのか?

男の自己啓発(?)の一つのジャンルとして、「オナ禁」というものがありますね。

オナ禁とは、文字通り、オナニー(マスターベーション)を意図的に絶つことです。

それによって、精神的・生理学的なメリットを得ようとする試み。

情報商材やAmazon電子書籍でも、「オナ禁の教材」的なものをちらほら見かけることがありますから、ある程度、オナ禁という分野には需要があるんだと思っています。

でも、実際、オナ禁をすることによって得られるメリットや効果にはどのようなものがあるのでしょうか?あるいは、本当にそれらの効果は科学的に確かなものと言えるのでしょうか?

そのへんについて、少し調べてみました。そして、実際に自分がオナ禁をちょっとだけしてみたり(?)もしました。

 

オナ禁のメリットや効果についてネットで調べてみた

オナ禁のメリット・効果についてネットで調べてみた結果、以下のようなものが挙げられます。

  • 朝の目覚めがよくなる、日中、眠くなりにくいなどの睡眠の質の向上
  • 元気が出る、テンションがあがる、行動力がUPするなどのモチベーションアップ
  • 目力が強くなる、肌荒れが収まる、ニキビがおさまる、筋肉がつきやすくなるなど、見た目が良くなる効果
  • 恐怖心が和らぐ、何も怖くなくなるなどの精神的効果
  • 恋愛において、女性にモテやすくなる
  • テストステロンを高く保てるために、男らしくなる
  • オナニーに充てる時間が空くため、使える時間が増える
  • オナ禁を続けること自体で養われる習慣力の向上

…などなど。

仮にこれらすべてが本当だとしたら、オナ禁をするメリットは十分にあるといえますね。

この中で確実なのは、「オナニーに使っていた時間を他のものに使える」というメリットでしょう。

僕も、全盛期には1日5回から7回ほどオナニーをしていましたから、1回20分と考えても約2時間はオナニーに費やしていたことになりますからね。
(僕の回数が多すぎただけかもしれませんが…)

医者はオナ禁について推奨はしていない

その一方で、医者(西洋医学的)の観点から言うと、「オナ禁は褒められたものではない」というのが一般的なようです。

上記にあげられているオナ禁の効果・メリットの背景にある生理学的な裏付けというものが、

・精液を出すことによって亜鉛・タンパク質が消費される
・オナることによって悪玉男性ホルモンが増加する

…という2つの問題点です。

これらの問題点をオナ禁が防ぐことになるため、オナ禁には効果が表れるということです。

しかし、医者(西洋医学的)な観点から言うと、

・射精ごときで体内の栄養バランスは崩れない
・オナ禁よりもむしろセックスのほうが男性ホルモンは増加する

といったような見解であるため、生理学的なオナ禁のメリットは見込めないよ、…とのことです。

それどころか、精子は貯め込んでいるとどんどん老化してしまうため、やっぱり定期的にオナニーをして精子を出したほうが健康的だよ!…とのこと。

 

一方で、東洋医学はオナ禁を推奨している!?

先ほど見てきた西洋医学的な観点とは打って変わって、東洋医学的な見方では、オナ禁(精を漏らさない)ことは重視される傾向にあるそうです。

僕がかつて、東洋医学に詳しいある方のセミナーに行ったとき、その人がこんなことを話されていました。

気が漏れる(エネルギーを逃がしてしまう)代表的な行為のランキングが、以下のようなものだそうです。

1.夜更かし 

2.PC、スマホなどを眺めることによる目の使い過ぎ。

3.暴飲暴食

4.物事を行う時に過度に緊張する。

5.喜怒哀楽に振り回される。

6.精液を漏らす

7.年齢の問題(男性50歳以上、女性なら40歳以上は普通に生活してても漏れていく)

そのため、オナ禁をすることによって、気が漏れる一つの原因をシャットアウトすることになりますね。

また、これらの気が漏れる生活習慣というのはだいたい連鎖しているものだそうです。

つまり、夜更かしをしながら、ポテチを食べつつコーラを飲み、パソコンでAV動画を凝視しながらオナニーをする。

終わったあとに、「俺は何をやっているんだ…」という感情に襲われる。

この一連のルーティンの中に、気を漏らす要因がすべて含まれてしまっているのが分かるかと思います。

そのため、オナニーをしてしまうのは東洋医学的には危ない行為とみなされるということですね。

東洋の昔の賢人は、たとえセックス中であっても決して精を漏らさないための秘儀を会得していたようです。笑

ここまでくるとおかしい話になってきますが、とにかく東洋医学的にはオナ禁は推奨されるということです。

実際にオナ禁を経験してきた人たちの生の声はどんな感じなのか?

では、実際にオナ禁を自分の身体を通して経験してきた人たちは、どのようなことを感じているのでしょうか?

個人的なブログというのは、「オナニー教材を売るため」にオナ禁の効果を謳っている場合があるため、いまいち信ぴょう性にかけます。

現場の生の声が聞けるメディアというのは、やはり2chでしょう。

2chでも、「オナ禁スレ」というのは結構前から存在しているようです。

オナ禁の効果を報告するスレ」というものがあり、もう250回以上もスレが立て直されているほどです。

ザッと眺めてみた感触としては、

・そもそもオナ禁をし続けるのが難しい

・何十日とオナ禁をしていても、効果はそんなに実感できない人がほとんど

・稀に、オナ禁によってモテ始めた人や、色々無双している人がいる

…といった感じだと思いますね。

オナ禁の精神的効果は?オナ禁をするとモテるって本当?

個人的には、オナ禁をすることによって魔法のように人格が変わったり、モテ始めたりすることはまずないと思っています。

それは、個人で数十日オナ禁をしてみて、感じた実感でもあります。

女性に対しての行動力がアップする感じは確かにありますね。

だけど、それは単に自分がオナ禁によってムラムラしているから、に過ぎない気がする。

その行動力が何かのミラクルを起こすことはありえるかもしれません。

また、オナ禁は直接的に、生活習慣の改善に繋がっているんだと思います。

例えば、夜、スマホを見ながらオナってその勢いで寝るという人がオナ禁をすると、睡眠の質が上がるのは当たり前のことです。寝る前にスマホなどの明るい光を目に入れることは睡眠の質の低下を招きますからね。

このように、オナニーが日々の生活習慣における質の低下、惰性に繋がっているということは否定できません。

オナ禁⇒生活習慣が整う⇒メンタルも整ってくる(精神的効果が得られる)という流れはあるかもしれませんね。

オナ禁のメリット・効果についてまとめると・・・

 

・オナニーを禁止することそれ自体で得られるメリットは、個人的にはないと思っている。

・ただ、オナ禁をすることによって、ムラムラによる女性に対する行動力の増加、生活習慣の質の向上などの副次効果が起こり、それが何かしらの効果・メリットを及ぼす可能性はありそう。

そろそろ本気で起業について勉強してみないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です