脳トレアプリLumosityを2週間ほど続けてみた結果

突然ですが、あなたはブレインフィットネスという分野を知っていますか?

ブレインフィットネスとは、いわゆる「脳トレ」のことです。
ニンテンドーDSのソフトなどで一時期話題になりましたね。

 

最近の研究によると、「いくつになっても脳は鍛えられる」ということが分かってきているようです。(僕はブレインフィットネスという分野について、この本で知りました)

 

そしてこの本の中で「効果のある認知トレーニング製品」として紹介されていたのが脳トレアプリLumosityです。

(無料でいくつかのゲームを楽しめますが、すべてのゲームをプレイするには月1400円ほどのお金がかかります)

 

Lumosityについてネットで調べると賛否両論ありましたが、とりあえず書籍「脳を最適化する」の情報の方を信じて、実際に何日かやってみることにしました。

 

脳を鍛えて、スペックの高い人間になってやるぜ…!

 

脳トレアプリであることを忘れてしまうぐらいLumosityはハマる

Lumosity内には数十種類にも及ぶゲームがあり、それぞれのゲームが脳の各機能を高める作りになっています。これらのゲームを1日に1回プレイすることだけで、記憶力・注意力・集中力・問題解決力etc…が鍛えられるようです。

そして、一つ一つのゲームが自然におもしろいので、Lumosityをプレイするにあたって「よし、今日も脳トレやるか!」みたいなハードルは全然感じません。

 

1日目に課題となっていたゲームを終了した後の、僕の脳内スペックの数値はこんな感じでした。
 

そして、こちらが同年代と比較したときの自分の数値です。

 

…よく分かんないけど、同年代と比較したときの自分の認知機能の低さには焦った。
(記憶力だけがムダに高い。笑)

 

脳トレアプリLumosityをとりあえず2週間続けてみた結果

そして、Lumosityを2週間続けてみた結果がコチラです。

 

同年代との比較がコチラ。

 

どちらの数値もかなり向上したことが見て分かると思います。
(なぜか、初日にずば抜けて高かった記憶力だけが減少した)

 

これはつまり、Lumosity的にいえば、脳内スペック(自分の戦闘値)がかなり向上したことを意味しています。

 

イエーイ!!

 

Lumosityのおかげで実生活で何かが変わったという実感はない

…がしかし、Lumosity内の数値は向上していますが、そのおかげで実生活のパフォーマンスが良くなったという実感は正直まったく無いですね。

これはただ、Lumosity内のゲームのプレイスキルがアップしただけなんじゃないか…という気は否めないです。

 

「脳を最適化する」で繰り返し言われていたことは、とにかく新しい刺激を与えることが脳にいいということです。

ブレインフィットネス(脳トレ)のための製品開発はどんどん行われていますが、ただルーティン的にエクササイズこなすだけで脳機能をアップさせることができるような製品を生み出すという段階にはまだ来ていないのではないかと思っています。

 

 

まとめ

結局、脳を鍛える(自分のスペックを高める)ためには、

・論理力を鍛えたり、
・新しいことにチャレンジしたり、
・勉強(記憶)したり、
・短い時間で多くのことをこなせるように努力したりという、

日常の中での当たり前の心がけのほうがよっぽど重要なのではないかと思います。

つまり、「頭を使う」ということですね。
脳トレに近道なし、という教訓を得ることができたのかもしれません。笑

そろそろ本気で起業について勉強してみないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です