ブログに広告はどんどん載せるべき

僕は、ブログに広告はどんどん載せるべきだと思っています。
ただし、「本当に自分が良いと思った商品だけ」ですが…。

ブログというのは、マーケティング的な視点から見ると、あくまでコンテンツに向けた通過点でしかないと思っています。

ブログの世界で「コンテンツが重要」と言われ始めたのは最近の話です。
それは、グーグルのガイドラインがコンテンツの質を最重要視するようになったから。

あくまで集客的な意味合いで、ブログ内のコンテンツが重要…というだけです。

ブログの本質は集客にあると思っています。

そもそも、趣味でやっているブログ、ただ日記を書いているだけのブログ以外は、すべてビジネスのためのブログじゃないですか。

だったら、どれだけ収益を上げられるかが全てだと思います。アクセス数はそのための指標でしかない。

はっきり言います。
「ブログに広告を載せるとジャマになる」と思っている人は、本人が「これがクリックされたお金が儲かる…」という低次元な視点しか持てない人だからです。

そういう人ほど、ちょっと自分のブログにアクセスが集まりだすと、すぐにアドセンス広告はったりするものですよ。見ててください。笑

でもアドセンス広告って、読者さんの検索結果やブログ内の情報における関連商品の広告が表示されるだけで、
別に自分がおすすめしている商品を紹介しているわけでもないし、
それこそただブログで儲けたいってだけじゃないんですかね。

僕は、自分のブログを通して、読者さんが自分のおすすめしているコンテンツに触れられるかもしれないという可能性に希望を感じます。

「何かを紹介する」ということも立派な価値提供だからです。

広告と聞いてすぐにアレルギー反応を起こすのってかなり幼稚だと思いますよ。

自分が自分の知人に向けて、「このCDよかったよ」っていうのと何ら変わりないことじゃないですか…?

要するに、アクセスをただ金に変えられるものと思っているか、アクセスをちゃんとした一人一人の読者と見なしているかの違いです。

だから僕は、プロブロガーとかって嫌いなんですよ。

彼らは情報商材系のコンテンツを毛嫌いしているわりに、やり方はそれと同等かそれ以下ですからね。

読者に何を売ってお金を儲けているのか、も、知らないじゃないですか彼らは。

ブログという断片的な情報の集まりだけで、人を変えるなんてことはできないと思います。

末端に体系的なコンテンツがあるからこそ、ブログという集客媒体が生きるのではないでしょうか。

誰かの魅力的なコンテンツをおすすめするために、ブログに広告を貼るというのがダメというならば、
「一体、何のためにブログを運営しているのかわからない。」

そこまで言い切れます。それが僕の考え方になります。

今日は以上です。

 

▼おすすめ無料教材▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です