何の根拠もなく自分を信じられるか

こんにちは。まさふみです。
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

このたび、当ブログが
人気ブログランキング 20代ブログジャンル
なんと1位になりました。

これも、いつもブログを読んでくださる皆様もおかげだと思っています。
これからもよろしくお願い致します。

 

さて、先日からLINE漫画というアプリで、
ONE PIECEが60巻まで無料で読める(~8/4まで)ということを
知っていましたか?笑

僕もこの機会に、久々にワンピースを読み直してみました。

ワンピースを読んでいつも思うのが、
やっぱルフィってすげえなということです。

彼はどんな状況でも、
過度に深刻になることがありません。

どんなときでも笑える心の余裕を保っているのです。
もちろん、ルフィにも、エースを頂上戦争で失ったときなど、
心が壊れそうになる瞬間はありましたが、

基本的に彼は、
自分は必ず、そのステージで戦うことになる強敵に勝てる
…ということを前提に行動しています。

 

つまり、成功(勝利)にコミットしているということ。

だから彼の行動にはいつも無駄がありません。
「自分なんかにできるだろうか?」と疑ったりせずに、
「できる」ということを前提に行動してしまっているから、
感情がブレないのです。

自分の理想や、夢、目標へと向かっていくときに、
一番の強敵となりうるのは、自分の感情のブレではないでしょうか。

ことあるごとに、
「やっぱり自分にはできないのかもしれない」と自分を疑ってしまう。
「もうダメだ…」と落ち込んでしまう。

そして、そんなことをしているうちに、時間は刻々と過ぎていく。
比べる必要もない誰かと自分の状況を比べては、
また深刻になっていく。

 

もしも自分が必ず成功すると分かっていたら」、
そんなことにはならないはずです。

つまり、自分が必ず成功するということを信じることができれば、
成長のスピードはどんどん加速していくということ。

だけど、信じられる根拠がないじゃないか、と思う人がいるかもしれない。

その通りです。根拠なんかないんです。

ルフィだって、「必ずぶっ飛ばす」と宣言した相手に負けることがあります。
アラバスタ編ではクロコダイルに2回も敗戦しましたよね。

普通はそこで、「できなかった」という過去の経験を素材にして、
「やっぱり自分には無理だ」ということにしてしまうかもしれないところを、
また立ち向かっていくからスゴい。

未来の成功を信じるための根拠を探そうとしたって、
どこにも見つからないでしょう。
周りの人に、素直になりたい自分の姿を打ち明けたら、
「なにいってんだおまえ」と笑われてしまうこともある。

だけど、そこでも「海賊王に、俺はなる!」と、
自分の理想を叫び続けられるのが主人公じゃないですか。
あのドン・クリークに苦戦していたころから
ルフィはずっとそういってるんですよ。笑

現状維持を支持する理由はいくらでも見つかるけれど、
目標を叶えた未来の自分を信じる根拠はなかなか見つからない。

それでも信じられるか、そこにコミットできるか、
…それが試されるわけです。

自分を信じる原動力というのは、根拠を素材にして構築されるのではない。
何の根拠もないことを信じられるかどうか、が、自分を信じる力です。

だから、だれに「お前なんかが」と言われても、
目標を叶えられる自分を信じてもいい。信じなくてはいけない。
自分の人生の主人公として生きるために。

▼おすすめ無料教材▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です