ブログを始めることからネットビジネスはスタートする

まだ何もない、0からビジネスを始めたいという人にほど、「とりあえずブログを始めてみろ」と僕はいいたい。

特に、ネットで完結するビジネスを行いたいならば、ブログ運営は避けては通れないものだと考えています。

しかし、どうしてネットビジネスにおける初心者ほど、ブログを始めるべきなのか。その意味を正しく理解した上で、ブログ運営に取り組んでいくことが大事です。

ただ漠然と日記のようにブログを更新していても、それをビジネスへと繋げていくことはできないし、ビジネススキルも向上していきません。

ビジネスの全体像において、ブログの役割とは一体何なのか?…ということを意識していることが大事なのです。

今日はそのことについて書いていきたいと思います。

ネットを使ったビジネスの基本のキといえる考え方とは・・・?

 

まず、起業というのは「自分でビジネスを起こすこと」です。

そして、ビジネスとは顧客への価値の提供のことです。

もちろん、自分一人レベルの動機で言うならば、ビジネスとはお金を稼ぐことです。お金を稼ぐためには、相手がお金を払ってでも得たいと思える価値を届けることが必要なので、必然的にビジネスとは価値の提供ということになります。

…では、「ネットビジネス」とは何でしょうか?

と、いうか、今のご時世、ネットを使わないビジネスというのはほとんどあり得ません。すべてのビジネスはネットビジネスと言えるでしょう。

そういったことはまあ置いておいて、個人がお金を稼ぎたいと思ったときに行う「ネットビジネス」の定義とは何だと思いますか?

僕は、個人レベルで使うときの「ネットビジネス」という単語の意味とは、「ネットを使って、自分や、自分の専門技能・知識を売り込む」ことだと考えています。

これだけ、「ネットビジネス」という単語が流行っているのは、インターネットやSNSの登場によって、起業というものが簡単になったからではありません。

ネットを使って、個人でも、企業に匹敵するようなビジネスを起こせるようになったということです。

例えば、分かりやすい例を挙げるなら、学習塾です。

昔は数千人の前で授業を行う(専門技能を届ける)には、全国に店舗として塾を構えること、何人かの優秀な講師の存在が必要でした。

それが、今では、一人の優秀な講師の授業を録画しておき、それを教材として生徒に届けるだけで済んでしまいます。

・人が持ってない高い専門技能や知識を持っている(価値を持っている)

・ネットを使ったマーケティングを行うことができる(それを顧客に届ける力を持っている)

…この2点の条件が整ったとき、個人でも企業に匹敵するぐらいの規模でビジネスが行えるのです。

これがネットビジネスにおける基本的な考え方です。

 

マーケティングの基礎 DRM

ネットを使ったマーケティングは、「DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)」という概念を使って考えると分かりやすいです。

DRMについての細かい話は省略しますが、簡単に説明すると、マーケティングのステップには

集客⇒教育(共感)⇒販売

…という3つのステップがあるということです。

DRMの元々の意味は、「製造者が直接、消費者に対して商品を届ける」というものでした。

それによって仲介料が一切なくなり、他社より安いコストで商品を販売することができるからです。

そこで研究されたのが、「どうしたら自分の商品を必要としてくれている人にそれを届けることができるのか」という知識、ノウハウです。

そのためには、漠然と、沢山の人に向かってメッセージを投げても無駄ですよね。

なるべく、自分の商品を必要としているであろう人に対してのみオファーを投げ込むのが効率的です。(集客

そして、そのメッセージに反応してくれた人たちの中から、本当に自分の商品を必要としてくれる人を絞り込み(教育・共感)、

その本当に自分の商品を必要としてくれている人のみに向けてセールスします。(販売

この集客⇒教育・共感⇒販売という3ステップを踏みことによって、「本当に自分の商品を必要としてくれている人にのみ、その商品を届ける」という、製造者にとっても消費者にとっても合理的なマーケティングの考え方がDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)と言われるものです。

そして、先ほど説明したDRMと相性がいいと言われているのがネットの世界です。

現代においてネットというのは、もはやこの世界そのものといえます。そこには、無限といっていいほど多種多様な需要・ニーズが存在しています。

ある経営者は、「ゴキブリの知識を売って数千万は稼げる」ということをおっしゃっていられました。それぐらい、色んな市場がネット上には存在しているということです。

当然、数えきれないほどの需要が存在しているわけですから、それを満たす商品を作り出し、それを本当に必要な人に届けるというDRMは相性がいいのです。

リアルな世界では扱いにくいジャンルでも、ネットでは売れていきます。コンプレックス系の情報商材が売れているのもそのためでしょう。

このことが示唆しているのは、まず一点。

あなたが持っている専門知識や技能について、それをのどから手が出るほど求めている人がいるかもしれないという可能性がネットにはあります。

それと、ネットにおけるマーケティングの知識とは、DRMの知識とほぼイコールだということです。

DRMの知識と、各メディア(ブログ、SNS、メルマガなど)における知識の2つの掛け合わせれば、ネットで通用するマーケターになれるでしょう。

ネットビジネスの基礎知識を踏まえた上で考えるブログの役割とは・・・?

今までの話をちょっと要約すると、

・ネットビジネスとは、「ネットを使って、自分や、自分の専門技能・知識を売り込む」こと。

・「専門知識を持っている」×「ネットにおけるマーケティングの知識がある」=企業に匹敵するビジネスができる。

・ネットにおけるマーケティングの知識とは、「DRM(ダイレクト・レスポンスマーケティング)」×「各メディアにおける知識

…といった感じです。

この基礎知識を前提にしたうえで、改めてブログの役割を考えていきます。

ブログとは、ネットにおけるメディアの一つです。

ネットにおけるメディアとは、大きく分けると、

・SNS(twitter、Facebook、Youtube、はてなブックマーク、Instagramなど)
・ブログ
・メールマガジン

に分かれます。

DRMにおいては、集客⇒教育・共感⇒販売という3つのステップがあると言いましたが、ブログというメディアが担うのは主に「集客」の分野です。(教育・販売の分野もうっすらと担っていますが…)

つまり、ネットビジネスにおいて、ブログというのは自分のビジネスモデルの入り口に値するものだということです。

ブログが検索エンジンなどから人を集めてくれるからこそ、次のマーケティングステップ(メルマガで読者を教育・共感したのち、セールスページで販売)に進んでいけるのです。

集客でコケてしまうと、ビジネスはおぼつきません。ブログの大切さが分かっていただけたでしょうか?

もちろん、お金を出して誰かに広告を出稿することによって集客を誰かに代行してもらうことも可能ですが、ビジネスを始めたて・資金ゼロの段階では現実的ではない選択肢と言えます。

そして、これから先に言うことが、僕の結論であり、最も言いたかったことです。

ブログ運営(集客力)のスキルは、それだけで専門技能になり得る

先ほど、「お金を出して誰かに集客を代行してもらう」ということを言いましたね。ここがミソなんです。

ブログ運営のスキル、集客のスキルは、それだけで自分の専門技能になり得るのです。それほど、集客というのは大変なものなのです。

僕は、ネットビジネス成功の要因として、「専門技能を持っていること」「ネットにおけるマーケティングの知識があること」の2つを上げましたが、初心者の問題は「目立った専門知識を持っていない」上に、「ネット上におけるマーケティングの知識」すら持ってないゼロの状態であることです。

この2つの問題が、ブログを始めることによって(そしてそれを極めることによって)、魔法のように解決してしまうんですね。

専門知識を持ってないということは、要するに、仮に集客に成功したとしても売れる商品を持っていないということです。

だったら、他人の商品を売ればいいんです。それがアフィリエイトというノウハウです。

世の中には、売りたい商品は持っているから、それを顧客に届ける(集客する)ことを手伝ってほしいという、企業・個人の方々が沢山います。そういった人の代わりに、自分が集客を代行して、その商品をセールスするのがアフィリエイトという仕組みです。

ブログにアクセスが集まってきたらアドセンス広告などで月数十万稼げたりするのも、アフィリエイトという仕組みによって集客を代行していることになるからです。

ブログを始めて、続けていけば、だんだんと「ネット上におけるマーケティングの知識」がついてきて、ネットにおける集客が上手になってきます。そして、その集客力を使って、誰かのマーケティングにおける集客を代行することによってお金を稼ぐことが可能になります。

あるいは、「集客力」自体を自分の専門技能として売ってしまうこともできるんです。「ブログ運営」や「ネットマーケティング」を人に教えることでお金を稼いでいる人も沢山いますから。

以上の理由で、僕は「ネットビジネス初心者ほどまずはブログを始めるべきだ!」と強く思っています。

まさに、まだ何もない人ほど、「ブログを始めることからネットビジネスはスタートする」と言えるのです。

ネットビジネス初心者ほどブログを始めるべき理由。まとめると・・・

・ネットビジネスで成功するために必要な2つの要素「専門知識・技能を持っている」「マーケティングの知識がある」

・ネットビジネス初心者がうまくいかない2つの要因「専門知識・技能を持っていない」「マーケティングの知識を持っていない」

・ブログを始めることで、ネットビジネス初心者がうまくいかない2つの要因を解消していくことができる。

 

そろそろ本気で起業について勉強してみないか?

1 個のコメント

  • こんにちは。
    記事を拝見し、凄く勉強になりました。
    先ずは、ブログを構築させる事を目標にアフィリエイトを目指そうと思います。
    コツコツ諦めず続けて学び、状右方の発信をしていこうと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です