ブログに書くネタを誰でも洪水のように思いつく方法

こんにちは、まさふみです。

これは、ブログを始めたての運営者によくある悩みなのですが、
ブログに書くネタが思いつかない」というもの。

これは僕もそうだったのですが、
ブログを始めたばかりのころは、
こういうことを書いていこうというイメージを沢山持っていた、
しかし、いざ毎日記事を更新していくと、
「意外とオレ、ネタ持ってないな…」という事実に気づいてしまう。笑

 

なぜブログネタが思いつかない、という状態がヤバいのか

 

ブログの記事に書くネタにストックがないと、
単純にブログを書くのがダルくなってくるのです。

今日、書くこと何も思いついてないけれど、
1日1記事更新を目標にしているから、
とりあえずPCの前に座ってみた。

ダメ元で、オボロゲなイメージのまま、記事を書いてみるけれど、
途中で「さすがにこの記事はダメだわ」と思い、すべて消してしまう。
そしてまた、白紙の編集画面と向き合う…。

そうこうしているうちに、デスクワークで肩も凝っている。
「あーもう今日はブログいいや!!」ってなる。

ブログを書くということは、誰にも強制された行為ではないため、
毎日記事を書くということを習慣化するまでは、
自分の意志一つでそれと向き合っていかなければならない。

これまで毎日、記事を更新してきていたのに、
ネタがないから1日更新をさぼってしまった、
今までの流れが途絶えてしまった。

これがヤバいわけです。

何も考えずに、次の日、寝て起きたら
記事のネタが思いついている保障はない。

「ああ、今日もブログ書くのだるいな…。」
という印象をブログ更新に対してもってしまったら、
本当にブログなんて続きません。

書きたいブログネタが洪水のようにあるから、
ブログを楽しく更新できる。
逆にいえば、ブログネタが切れるということは、
「これからブログを続けていけるのか」という問題までに発展してしまう可能性がある。

少なくとも、ブログを始めたばかりのころは。

じゃあ、どうしたらブログに書くネタを絶え間なく思いつくことができるのよ。
…その方法をこれから書いていきたいと思います。

 

まずはブログの役割について思い出してみる

 

ブログに書くネタがない、…という方は、まず、
自分の中で、自分のブログの役割というものを正しく認識していません。

何のために自分はブログを書くのか」ということを、
再度ここで確認してみましょう。

ブログを、ビジネスのために書いている方も、
あるいは趣味などで書いている人も、
ブログを書くための目的はみんな同じはずです。

それは、
・認知:自分のことをネットの誰かに知ってもらう

・興味:自分のことをもっと知りたいという興味を持ってもらう
…という目的です。

もしもあなたが、ビジネスを行うためにブログを書いているならば、
ここからさらに、
お客様が自分の商品やサービスの購入を検討する段階へと進んでいきます。

ブログから自分のメールマガジンへと登録してもらったり、
あるいは自分の商品やサービスを購入してもらったり、
ということが目的になっているはずです。

そのために、
「自分のことを知ってもらう、その上で、興味を持ってもらう」
ということがブログを書く目的であり、役割の本質だということです。
(これはtwitterやFacebookなどのSNSでも同じです)

さて、このブログの本来の役割について思い出したところで、
それを満たすために最も大切になるのが、
どうやって自分のブログに人を集めるのか」ということです。

一般的に、ブログのアクセス元というのは4つあるといわれています。

1つ目は、twitterやFacebook、はてなブックマークなどのSNS。
2つ目は、誰かのブログや、どこかのサイトに貼られた自分のブログのリンクから。
3つ目は、お気に入りやブックマークなどから、自分のブログに直接来る場合。
そして、4つ目が、GoogleやYahoo!などの検索サイトです。

ブログに安定的なアクセスを生むためには、
検索サイトからのアクセスが最も重要です。

もちろん、SNSなどからの集客も有効なアクセスアップの方法なのですが、
やはり多くの人が、放っておいても検索によって自分のブログに来てくれる
という状態こそがブログの目指すゴールですよね。

ここで、ブログネタを思いつくための方法の話に戻りますが、
自分がブログに「どういう記事を書くべきなのか」というと、
それは検索されやすいネタです。

 

なぜ、読者は自分のブログへとやってくるのか?

 

自分がGoogleやYahoo!などを使って
何かを検索するときの心理について考えてみてください。

例えば、僕がこないだ検索したワードは、
モテない 男性」でした。笑

ここには、「自分はモテない」という悩みについて、
「どうにかならんもんかのぅ…」という
切実な心理が見てとれます。

つまり、検索サイトを使って何かを検索する人の心理というのは、
「自分の悩みを解決したい」というものか、あるいは、
「自分の悩みについての情報を集めたい」というものです。

ある悩みがあるとして、
その悩みを解決したり、
その悩みについての情報を的確に指摘してくれる記事を書けば、
その悩みを解決したいと思っている人が自分のブログを検索してくれるようになりますし、
そして自分のブログの記事を熱心に読んでくれるようになります。

さらに、読者が自分の悩みを解決するキッカケとして
自分のブログを読んでくれたら最高ですよね。

では、ここまでの内容をまとめたうえで、
「洪水のようにブログネタを思いつく」ためには、
どのような考え方をすればいいのか、
…という核心について最後に書いていきたいと思います。

 

ブログネタを洪水のように思いつく方法

 

あなたは、自分の興味のある分野や、
勉強している分野、専門分野についてブログを書いているはずです。
あるいは、毎日のブログをただ淡々と書いている場合も同じですが、

その専門分野を勉強することや、毎日の生活の中で
何らかのゴールを目指しているはずです。

つまり、

自分〇→→→→→ゴール

という状態ですよね。

そして、自分のブログに来てくれる読者についても、
究極的には同じゴール、同じ理想を求めていると考えてみてください。

自分も、読者も、同じゴールを目指していて、
お互いにそのゴールへと進む過程にいるとします。

そこでは、自分がそのゴールにたどり着くために感じた悩みが、
そのまま読者にとっての悩みとイコールになるわけです。

 

自分が目標(ゴール)に向かう過程で感じた悩みや障害、
そしてその解決策をストックしておけば、
そればそのまま読者にとってのコンテンツ、
つまり有効なブログネタになるということです。

自分と読者は、同じゴールを目指す過程にいますが、
自分のほうが読者よりも少しだけ前にいる
…という状態を目指せばいいのです。

読者●→→→自分〇→→→→ゴール

といった感じです。

そして、読者よりも少しだけ前にいる自分の位置から、
読者に向けて記事を書いていけばいい。

こういうふうに考えると、無限にネタが浮かんでくるはずです。
なぜなら、自分が感じたどんな悩みも、
そのままそれがブログネタとしてコンテンツに変えられるからです。

そしてこの考え方は、
自分をより速く目指しているゴールへと運んでくれる考え方でもあります。

今度、何か悩みを感じたら、
自分がその悩みを解決して、
その解決方法をブログに書くことで読者にアドバイスしている
という状態をイメージしてみてください。

そうすることで、自分が最初からアウトプットを意識しているため、
より速く悩みの解決方法にたどり着くことができますし、
ブログネタもどんどん思いついてきます。

 

まとめると…

 

ブログに書くネタを洪水のように思いつくためには、

・日ごろ、自分の感じたどんな小さな悩みもメモしておき、
・その解決方法を全力で探し、
・それを、同じ目標を目指している読者のために記事にせよ!

▼おすすめ無料教材▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です