人生を変える朝活とは?朝の時間を有効活用して自分を磨く

おはようございます。まさふみ(@msfm_blog)です。
突然ですが、最近、朝活してますか?

朝活とは、文字通り、
「朝の時間にする活動」のことです。

例えば、いつもより1時間早く起きることによって、
1日の時間が1時間増えることになりますよね。
その時間を使って、
勉強をしたり、運動をしたり、誰かと読書会をしたり、
そういった自分磨きを行うことを朝活と言います。

…まあ、別に自分磨きでは無くても、
やり残していたタスクや家事、掃除など、
とにかく早起きをすることで増えた時間に
何かしらの活動をすることです。

今日は、「朝活のススメ」と称して、
朝活のメリット、朝活におすすめの活動などを
書いていきたいと思います。

朝活をすることのメリット、デメリット

朝活のメリット1.朝はジャマが入らない

当然ですが、朝、活動を開始するのが早ければ早いほど、
周りの人というのはまだ眠っているか、寝ぼけています。

そのため、「人間関係におけるジャマ」が入りずらいのです。
いきなり、誰かから電話やメールが入ってくることはない。
SNSを見ても、誰も更新していない。
あるいは、子供や旦那、奥さんがまだ寝ている…、ということもあるかもしれない。

いずれにせよ、朝は誰かの横やりが入ることがほとんど無いので、
自分のしたいことに集中することができます。

朝活のメリット2.朝は自分のエネルギーが高い

1日の中で自分のエネルギーというのは、
減ったり増えたりしているものです。

エネルギーが一定以上下回ってしまうと、
何をするにも億劫になってしまい、
作業に手がつかなくなります。
意志が惰性に負けてしまうのです。

しかし、朝の時間というのは、
1日で最もエネルギーが高い時間になります。

一般的に、自分の中のエネルギーというのは、
朝が最も高く、夜が近づくにつれて減っていくもの。

そのため、まだエネルギーに満ちている朝は、
作業のクオリティが上がるのです。

朝活のメリット3.セルフイメージが上がる

セルフイメージとは、
「自分で自分をどう思っているか」という自己概念のこと。
成功者は皆、セルフイメージが高いです。

早起きして朝活をすると、
セルフイメージが上がります。

「俺、頑張ってるな。」って気分になりますし、
周りの人はまだ寝ている中、コツコツと努力を積み重ねている自分。
やることをやっている自分。
これでセルフイメージが上がらないわけがないです。

朝活のデメリット.早起きの辛さ・睡眠時間の減少

朝活の唯一のデメリットはこれです。
早起きが辛い。そして、早く起きた分だけ、睡眠時間が減ってしまう。

…こればかりはどうしょうもないですね。
逆に夜、ちょっと早くベットの中に入ってみたり、
睡眠の質を上げることによって解決するしかないです。

ここで、いくつか、
早起きの辛さを軽減し、睡眠の質を上げるコツ
書いておきます。

  • 夜、寝る前に、
    明日起きる時間の分だけ枕を叩く。
    (7時なら7回)
    こうすることで、自分の潜在意識が何時に起きなければいけないかを理解し、
    朝の目覚めが少し良くなるとされています。
  • 夜、寝る前は、
    ネガティブなことを考えない。
    あまり興奮しない程度に、ポジティブな妄想をする。
    おススメは、「将来、こうなったらいいなぁ」ということを考えるか、
    もしくは、「これがありがたかったなあ」という感謝の気持ちを思いだす。
    潜在意識というのは、
    夜、ウトウトしていたときに感じていた感情を
    睡眠中に永遠とリピートする、…と言われています。
    なので、睡眠前にネガティブなことを考えてしまうと、
    それが睡眠中もずっと繰り返されてしまい、
    結果として睡眠の質にも影響するのです。
    だから、寝起きにはやんわりとしたポジティブな気分になろう。
  • 午前中にしっかりと太陽の光を浴びておく。
    こうすることで体内時計のズレがリセットされ、
    夜に眠気が気安くなります。
  • 日中、一生懸命に生きて、疲れをためておく。
    おススメは何かしら運動をすること。
    心の疲れは、身体の疲れを回復するときに
    一緒に解消されるといわれています。
    なので、心が疲れているときこそ、
    運動して体も疲れさせよう。
  • 日中から良い姿勢を維持する。
    日ごろからもっとも多く維持されている姿勢が、
    睡眠時の姿勢になるといわれています。
    朝、起きたら体がバキバキという方は、
    日中の姿勢が悪いのかもしれない。
    ストレッチ、ヨガなどをおすすめします。

 

…以上のコツを意識すれば、朝活のデメリットを軽減できます。

 

 

朝活ってみんな何をしているの?何をするのがおススメ?

朝活に沢山のメリットがあることは理解できた。
じゃあ、具体的に朝活って何をすればいいの?
…という疑問が湧くかもしれない。

ここでは、朝活をしている人が具体的にどんなことをしているのか?
と、僕がおススメする朝活の内容を紹介します。

朝活ってみんな、具体的にどんなことをしているの?

色んなサイトを見て調べてみました。

  • セミナーに参加する。(朝からすげえ)
  • ジョギング、ウォーキング
  • ヨガ
  • 会社にパフォーマンスとしてのエクストリーム出社
  • 趣味の時間にあてる
  • 読書
  • 瞑想
  • 合コン(朝からマジか)

…などが一般的な朝活の内容のようです。

一方、僕がおススメする朝活の内容は、
この中にあるどれでもありません。

僕がもっとも、朝の時間を充ててするべきだと思っていることは、
「ブログ執筆」「メルマガを書く」などの
アウトプット、コンテンツ作成の作業です。

なぜかといえば、これらの作業が、
自分にとって最も重要な作業であると思っているし、
だから、朝の最もエネルギーが高い時期に終わらせておきたいのです。
その分、質が高いものができますから。

まあ、これはあくまで僕が朝に何をしているのか、
という一事例でしかありませんが、
最も朝活を充実させるためのコツとして一つ言えるのが、

・1日の中で一番重要な作業、クリエイティブな作業
・最もエネルギーが必要とされる行動

…に対して朝の時間を使うことです。

ぜひ、あなたにとって、
どんな朝活をするのが最適といえるのか、
考えてみてください。

朝活、おすすめです。

まとめると…

・朝活とは、朝に時間を作って早い時間から行動を開始すること。
・朝活にはメリットばかり。デメリットも努力次第で軽減可能。
・朝の時間には、「最もエネルギーが必要な作業」を持ってくるのがおすすめ。

▼おすすめ無料教材▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です